自分の人生を切り開くのは、自分自身

私は、以前は書店の店長をしていました。アマゾンの台頭によりお客が減り最後には、民事再生法の適用を受け退職を余儀なくされました。ハローワークで職業訓練校のことを知り、ハローワークの担当官に相談しました。適正試験に運よく合格しビル設備コースに入所いたしました。今まで工業系のことは、勉強していなかったので、最初はついていくのにやっとでした。しかし「自分の人生は、自分で切り開く」と思い。家に帰ってテキストの復習を猛勉強しました。そして国家資格にも挑戦し、電気工事士、ボイラー技士、消防設備士、危険物取扱者、安全衛生責任者などを取得いたしました。その甲斐があって、就職もビルメンテナンス会社に入社でき自分の能力を発揮できるようになりました。やはり中国のことわざにもあるように「人生万事塞翁が馬」だと感じています。今、転職や就職でお悩みの方に一言申しますと、入社した後自分が何をしたいのかを常に考えるのが大切だと申し上げたいと思います。就職したから安泰とは現在社会、言えないのが実情です。いつ首を切られるのかがわからない、会社がいつ倒産するのかわからない。安倍総理のアベノミクスで、景気も上向き人で不足に悩んでいる企業も多いのですが、バブル景気のように誰もが入れる会社は、少ないと思います。だからこそ自分自身の能力を発揮できる、スキルを磨かねばならないと思います。その目安になるのがパソコンスキルだったり、私のように国家試験に挑戦するのも一つの手だと思います。一番悪いのが自分は、何もしない、愚痴ばかり言っている人には、運も逃げていくし就職もなかなか見つからないのではないかと思います。そういうマイナス思考をプラス思考に変えるために、自己啓発の本を読むことも大事じゃないかと思います。努力は必ず実ります。斜に構えて皮肉を言うよりも、もっと積極的になり、いろんなアルバイトをするのも大切ではないかと思います。「自分の人生を切り開くのは、自分自身」と肝の銘じて頑張っていきましょう。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

転職は独立も視野に入れて考えよう

転職する人の中には「いずれ独立したい」という考え方の人もいると思います。
そういう人は独立ができるかという点も含めて転職活動をするべきです。
特に転職先で「副業OK」というところがあるのであれば是非底に転職先として検討する必要もありますし、時短勤務やテレワークを積極的に導入している転職先であれば独立の準備しつつ、収入も得られるということも可能なのです。
中には副業をしろという企業もあり、そういうところでは企業にいながらにして独立をしている人もいるのです。
他にも副業を認めている企業であれば企業で働きつつ週末には飲食店で働くという人や、逆に飲食店で普段は働いて休みの日に畑仕事をやるという人もいます。
なのでこれからの転職活動が一つの企業だけにこだわらず、複数の企業で働くということを検討していく必要もあるのです。
もちろん複数の企業とはいったものの、転職先で独立も認められれば働きながら開業するという事も出きるからいきなり資金面で困るという事もなく、最初から独立をするよりも身の丈に合った経営をすれば両立をすることもできるのです。
これは年齢に関係なく、独立を考えている人であればそういう事も踏まえて転職活動を進める必要があります。
また資格が必要な場合でも、復業を認める企業やテレワーク、時短勤務等を認める会社に転職をすると結構資格取得のための勉強する人も多いものです。
中には会社で費用を出してくれる事もあるので、転職先にそういう手当があるかどうかも確かめてみる必要があります。
中には資格取得で給料がアップしたり、お祝い金が出ることもあるので資格を利用した独立も検討しているのであれば、そういう制度を利用できる会社に転職するのもひとつの手です。
これからの時代は一つの企業だけで長く勤めるというのはリスクが高いものだと認識するべきであり、失業した時の事を考えるとベストではないのですが、復業や独立を認めている会社に転職をすれば「自分で仕事を取ってくる」という姿勢もできるのでこれからの転職は独立も視野に入れて考えるべきです。

産業医への転職

転職エージェントを使ってみて

看護師3年目で結婚を機にそろそろ転職しようと考えていた時、ネットで見た転職エージェントに登録してみました。この転職エージェントは登録をしないと興味のある病院の福利厚生などを調べることができなかったため、興味本位で登録したら、次の日から転職エージェントからのメッセージや電話が止まりませんでした。しばらくは返事を返さなかったり、電話に出ないようににしていたのですが、あまりにも頻回に連絡がくるため、登録して1週間たたずに退会をしてしまいました。
転職しようと考えて軽くつぎ働きたい職場を探そうと思っている人には少し重たいサイトであったなと感じました。メッセージが届くならまだしも、仕事中にも頻回に電話がかかってくるとなんとも言えない気持ちになりました。
今すぐに転職したいという訳ではなかった私には転職エージェントは重たすぎると感じてしまうところが多々ありました。
会員登録しなくてももっとフランクに転職先を探せるサイトがあれば利用する人が増えるのにと思います。転職先をネットで探す人はまず、福利厚生の欄が一番見たいのにそこのページを見るには会員登録しないといけないとなるのは少し残念です。
また、会員登録したとしてもサイト側から頻回に連絡があるのではなく、なにか気になることがあればこちらからコンタクトを取れるようにした方が利用しやすいと感じました。若者であるならよけいに電話などがかかってくるのは対応に少し困るなと感じました。
また転職先の口コミなどがサイトを見ると少ないのでもっといろいろな人の口コミをみて、比べて転職先を決める一つの材料としたいと思いました、実際に働いている、もしくは働いていた人からの口コミがあればとても参考になると思います。
ネットで調べると今はたくさんの転職エージェントがあるのが分かりました。もっと若者がより使いやすく気軽にできるものに改良していってほしいと感じました。そしていい転職先を見つけたいです。

医師向けの転職サイトは医師転職サイトランキング2018|医師転職・医師求人・医師募集